加湿NEWS

衣服内にも気候がある?

2018年4月26日

衣服内にも気候がある?

夏日になったり、肌寒い日があったり、何を着ればよいか迷う日が多いこの頃です。

衣服内の空間にも気候があるのはご存知ですか?

本日は「衣服内気候」についてのお話です。

ムレた感じがしたり、衣服が冷たいと感じたことがあるかと思いますが、
衣服内にも気候条件があり、快適または不快に感じる温湿度があります。

衣服内気候が快適だと感じる温湿度の範囲はそれほど広くなく、
温度が31℃~33℃、湿度が40~60%RHとされています。

夏場は、水分をよく吸収し発散する素材が衣服内の湿度があがりにくく快適で、
冬場は、吸水性・発散性が高い素材の上に、吸湿性の高い素材を重ねて着ると良いようです。

衣服の素材の特性を見てみましょう。

■コットン
吸水性、発散性に優れており、通気性も良いです。
夏に涼しく着られ、保温性も高いため冬場の肌着としても適しています。

■麻
吸湿・発散が早く、通気性が良いです。
天然繊維の中ではもっとも涼しい繊維と言われているので、夏場の衣服に適しています。

■ウール
保温性が高く、吸湿性もあります。
熱伝導率が低いので、冬場は暖かく、夏場は涼しく着られます。

■カシミア
吸湿性に優れています。
ウールより高い保温性があるため、冬場の衣服に適しています。

洋服を選ぶときはデザイン性を重視しがちですが、
これから徐々に暑くなりますし、少しでも快適に過ごすために
素材を重視しながら買い物をしてみるのも良いですね。

先頭へ戻る

加湿NEWS

先頭へ戻る