加湿NEWS

都道府県別 年平均相対湿度ランキング

2013年10月20日

都道府県別 年平均相対湿度ランキング

2012年度の相対湿度ランキングの発表です。
気象庁で公表されている過去の観測データをもとに平均値を出し比較しています。
比較的に、日本海沿岸と東北地方で湿度が高く、都市部では湿度が低くなる傾向があるようでした。

湿度が高くなったり低くなったりするのは、温度など様々なものに影響を受けるため、
室外と室内での変化はもちろん、同じ室内でも場所によって変化します。
詳しくは、「湿度に影響するもの」 でご紹介しています。

順位 都道府県 平均湿度(%)
1 東京都 62
2 群馬県 62
3 山梨県 63
4 大阪府 63
5 兵庫県 63
6 埼玉県 65
7 和歌山県 65
8 静岡県 66
9 岡山県 66
10 千葉県 67
11 神奈川県 67
12 愛知県 67
13 京都府 67
14 広島県 67
15 香川県 67
16 福岡県 67
17 大分県 67
18 栃木県 68
19 岐阜県 68
20 徳島県 68
21 愛媛県 68
22 三重県 69
23 熊本県 69
24 北海道 70
25 福島県 70
26 佐賀県 70
27 石川県 71
28 山口県 71
29 高知県 71
30 宮城県 72
31 新潟県 72
32 長野県 72
33 秋田県 73
34 奈良県 73
35 長崎県 73
36 鹿児島県 73
37 滋賀県 74
38 山形県 74
39 茨城県 74
40 鳥取県 74
41 宮崎県 74
42 沖縄県 74
43 岩手県 75
44 福井県 75
45 島根県 76
46 富山県 77
47 青森県 78
資料源 気象庁「気象統計情報(2012年)」

先頭へ戻る

加湿NEWS

先頭へ戻る