加湿NEWS

身近な疑問

2013年9月20日

湿気はどこからやって来る?

日本で湿度が高い理由は、「海に囲まれている島国だから」ということが大きく影響しています。
「湿気」は海からきた水分です。
夏は日本の南の「太平洋側」で生まれた高気圧が熱と湿気を運んできます。 逆に冬は「日本海側」から運んできます。
また、湿気は室内のいたるところからも発生します。 キッチン、浴室、洗面室など、日常生活から発生する湿気もたくさんあります。 たとえば、夕食の準備を始めてからお皿を洗い終わるまでの、調理・食べ物・燃料などからは「1L」。 ガスや石油のファンヒータを1時間使用したときには「400~550mL」の水蒸気が発生すると言われています。

先頭へ戻る

加湿NEWS

先頭へ戻る