side

加湿器の種類

加湿器には大きく分けて「4種類」の「加湿方式」があります。
加湿方式によって水を蒸気に変える方法が異なり、それぞれ特徴があります。
用途に応じて使い分けが必要ですので、まずは加湿方式の違いについて説明していきましょう。

加湿方式

加湿方式
気化式
蒸気式
ハイブリッド式
水噴霧式
気化式 加湿エレメント上に滴下した水に風を当て、蒸発気化させることで加湿する。 蒸気式 水をヒーターで熱し、その蒸気で加湿する。 ハイブリッド式 フィルターに水を含ませ、温風を当てることで加湿する。 水噴霧式 常温の水を霧化させ、送風機で拡散させる。
メリット 消費電力が少ない。
過加湿による結露がない。
水を加熱することで、水中の殺菌効果が期待できる。 気化式と蒸気式の両方の機能を併せ持っているので、比較的すみやかに加湿ができる。 消費電力が少ない。
デメリット 加湿エレメント上に不純物が堆積したり、雑菌が繁殖し、空気中に飛散する可能性がある。 スケール付着対策に別途純水装置が必要。
消費電力が大きい。
機能が複雑なため、機器本体の価格がやや高め。大容量の加湿を求める場合には、より高価になってしまう。 水中に含まれる不純物が空気中に飛散する。(白粉現象)

先頭へ戻る

加湿器の特徴を理解したら、次に「必要な加湿量を知ろう」について見ていきましょう。

業務用加湿器の選び方はこちら

加湿器について

先頭へ戻る